日本システムウエア(NSW)は、3月25日に台湾のC-LINK TECHNOLOGY(C-LINK)とAI画像処理技術分野での相互協力に関する覚書(MOU:Memorandum Of Understanding)を結んだと発表した。


 NSWとC-LINKは、日本と台湾でそれぞれ、AI画像処理技術をさまざまな産業で活用することに強みをもつシステムインテグレーターとして18年からAI画像処理に関する技術交流とPoC(概念実証)による協業を開始している。今回は、従来の協力体制をより本格化し、車両や人流などのリアルタイム検知や集計に、AI画像処理技術を活用したスマートシティソリューションの提供を目的とすることで合意した。

 具体的な協業内容については、スマートシティソリューションの提供に向け、監視カメラやドローンを使ったAI画像処理技術を道路交通状況の分析などで活用するための相互協力を行う。また、相互協力に関して必要な技術交流を行う。