ニュース

日本のデータ侵害のコスト総額は過去最高の5億1000万円、「悪意あるインサイダー」が顕著に IBM調査

2021/08/25 17:43

 日本IBMは8月25日、グローバルで実施した「2021年データ侵害のコストに関する調査レポート」の結果を発表した。データ侵害による日本のコスト総額は過去最高の5億1000万円で、企業内部での「悪意あるインサイダー」が顕著になりつつあるという。

 調査では、IBM Securityが日本を含む世界17の国・地域の17業種を対象とし、537件のインシデントについて調べた。各インシデントを確認するために実施した聞き取り件数は3500件。データ侵害インシデントにかかるコストは1回の侵害当たり平均424万米ドル(約4億6500万円)で過去最高となった。

 日本が調査対象になるのは10年目。調査件数は36件で、平均の侵害レコード数は2万9822件。侵害レコード1件当たりの平均コストは1万7400円だった。データ侵害のコスト総額は前年に比べて6000万円増え、初めて5億円を突破。業種別の侵害データ1件当たりのコストは、金融が2万6299円、製薬が2万2863円、テクノロジーは1万9829円の順になった。
 
徳田敏文・X-Force日本責任者

 日本IBMの徳田敏文・セキュリティー事業本部X-Force日本責任者は、日本の状況について「悪意あるインサイダーによる情報の持ち出しなどの侵害が静かに増えてきており、これには注意しなければいけない」と述べ、コスト面で悪意あるインサイダーが最も高くなっていることも紹介した。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

米IBM、次世代オペレーティング・システム「IBM z/OS V2.5」を発表

日本IBMと東京大学、国内初のゲート型商用量子コンピューターが稼働

日本IBM IBM Cloud、成長に手応え DX需要の加速が追い風

外部リンク

日本IBM=https://www.ibm.com/jp-ja