米IBMは、顧客のハイブリッドクラウドとAIの採用を加速し、アプリケーション・モダナイゼーションの取り組みを推進するために設計された、IBM Z向け次世代オペレーティング・システム「IBM z/OS V2.5」を発表した。9月30日に一般向けの提供を開始する予定。

 IBM z/OS V2.5は、AIの活用、アプリケーション・モダナイゼーション、レジリエンシー、セキュリティの強化、デベロッパー・エクスペリエンスの向上など全体にわたって新機能を提供することにより、顧客にとっての価値の推進を後押しする。

 同社は、IBM z/OS V2.5によって、多くの情報に基づく意思決定のためのビジネス・インサイトを顧客に提供するために設計されたz/OSのワークロードと強固に統合された新たなハイパフォーマンスAI機能を提供していく。

 サイバーセキュリティとレジリエンシーの強化としては、全方位型暗号化を新たなタイプのデータ・セットにまで拡張。基本フォーマットとラージ・フォーマットのSMS管理データ・セットがサポートされるようになり、アプリケーションを変更することなくデータを暗号化して、コンプライアンスを簡略化する機能をユーザーに提供する。

 また、z/OS Anomaly Mitigationでは、事前障害分析(PFA)、実行時診断、ワークロード・マネージャー(WLM)、JES2を利用して、さらに異常な挙動をほぼリアルタイムで検知できるよう支援し、顧客が潜在的問題に事前に対処できるようにする。

 アプリケーション・モダナイゼーションをサポートし、z/OS上でクラウドネイティブな体験をもたらす機能としては、新たなJava/COBOL相互運用性を提供。31ビットと64ビットの並列アドレッシングをサポートして既存のアプリケーション・プログラミング・モデルを拡張し、エンタープライズ・アプリケーション・モダナイゼーションを簡素化する。また、z/OS Container Extensions(zCX)の性能強化と使いやすさ向上として、Linuxのアプリケーションとユーティリティをz/OSに統合することが可能となった。