日本IBMと東京大学は7月27日、国内初のゲート型商用量子コンピューターシステム「IBM Quantum System One」が神奈川県川崎市の新川崎・創造のもり かわさき新産業創造センター(KBIC)で稼働を開始したと発表した。今後は、量子コンピューターを金融や化学などの分野で活用するための研究や人材育成に取り組む。
 
日本IBMの山口明夫社長

 同システムの稼働は、2019年12月にIBMと東京大学で発表した「Japan-IBM Quantum Partnership」に基づくもので、東京大学がシステムの占有使用権を持つ。東京大学は、企業、大学などの研究機関、公的団体と協力して量子コンピューターの活用に向けた研究・開発を推進していくとしている。