ニュース

インターナショナルシステムリサーチ、サイバー攻撃の最新動向を説明

2021/08/26 17:54

 クラウド認証サービスを提供するインターナショナルシステムリサーチは、サイバー攻撃の最新動向をついて記者説明会を開催し、ランサムウェアが急増していることや、攻撃の対象がITベンダーやMSPに変化していることなどを明らかにした。
 
メンデス・ラウル社長

 説明会では、セキュリティベンダーが行った調査データを用いてサイバー攻撃の動向を解説した。その中で、チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズの調査において、2021年上半期の全世界のランサムウェア攻撃は前年同期比で93%増になったと説明。メンデス・ラウル社長は「ランサムウェアの被害は年々、拡大している。盗んだデータを公開するとして脅す『二重脅迫型』に加え、最近は要求に従わない場合、顧客やパートナー企業に攻撃すると脅す『三重脅迫型』のランサムウェア攻撃も行われるなど、手口が悪質化している」と最近の傾向を述べた。

 また、米国では20年12月のSolarWinds、21年7月にKaseyaといったITサービス事業者に対してサイバー攻撃が行われたことを事例として取り上げ「攻撃の対象が一般企業や組織から、ITベンダー、MSPにシフトしている」(ラウル社長)と話した。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

バラクーダ、ランサムウェア攻撃の傾向を調査

米ソニックウォールがサイバー脅威レポートの21年中間アップデートを発表、ランサムウェア攻撃が急増

ウォッチガード、21年第1四半期インターネットセキュリティレポートを発表

外部リンク

インターナショナルシステムリサーチ=https://www.isr.co.jp/