インターネットイニシアティブ(IIJ)は9月15日、次世代IaaS「IIJ GIOインフラストラクチャーP2 Gen.2(GIO P2 Gen.2)」を発表した。仮想基盤にVMwareを採用している点などが特徴で、オンプレミスのクラウド化に向けた第三の選択肢を目指す方針を示した。10月1日に提供を開始する。
 
染谷直・執行役員クラウド本部長

 染谷直・執行役員クラウド本部長は、企業のクラウド移行や採用の増加に伴い、クラウドビジネスの売り上げが継続的に伸びていることを示した上で、ユーザーの間では、複数のクラウドを組み合わせたマルチクラウドの利用が拡大していると説明した。現在、同社のユーザー約2000社のうち、約4分の1がパブリッククラウドを契約しており、この割合は増えていくと予想している。

 一方、国内約700社の情報システム部門を対象に実施した自社調査の結果から、サーバーの50%以上をクラウド化している企業の割合は20%以下にとどまっていると指摘し、「クラウドがかなり浸透し、利用シーンが増えているような感触とは裏腹に、日本に関してはまだ多くの資産がオンプレミスに残っている」と述べた。