OSKは、統合型グループウェア「eValue V」のテンプレートとしてペーパーロジックの電子契約サービス「paperlogic 電子契約」との連携を実現する「eValue V ドキュメント管理連携テンプレート with paperlogic SiGNER」を9月22日に発売する。

「paperlogic連携テンプレート」イメージ

 「eValue V ドキュメント管理」は、社内規程、契約書、図面、伝票など、さまざまな文書の電子化から、安全な共有・管理までを支援する。今回、さらに電子契約書の保管を効率化するテンプレート製品を追加した。

 eValue V ドキュメント管理連携テンプレート with paperlogic SiGNERでは、「当事者型」「立会人型」双方の契約に対応しているpaperlogic 電子契約と、eValue V ドキュメント管理をつなぐことで、電子契約書を保存・管理することができる。

 また、「eValue V ワークフロー」を組み合わせることで相手方と合意した契約書式の社内稟議から、外部との契約や契約書の保管まで、一連のプロセスを電子化し、押印不要とすることが可能となる。契約プロセス全体が紙から解放されることで、契約締結のスピードアップやコスト低減を図ることができる。

 価格は22万円となる。