ラックとエーアイセキュリティラボ(Aeye)は、Aeyeが提供するWebサイトの脆弱性診断業務を自動化するRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)と人工知能(AI)を使ったSaaS型Web診断プラットフォーム「AeyeScan」、ラックの診断エキスパートによるコンサルティングを組み合わせた「Quick WATCH」サービスの提供を11月18日に開始した。Webサイトの安全運用とセキュリティ診断内製化を実現する。

「Quick WATCH」のカバー範囲

 Quick WATCHは、ユーザー企業によるセキュリティ人材の確保や専門的な運用体制がなくても自社運用でWebサイトの安全な管理ができるように支援するもの。優先度が低く診断対象外だったWebサービスへの診断を自社で内製化することが可能となり、費用の抑制と時間短縮を実現しながらWebサイトのサイバーリスクが低減できる。ラックとAeyeは、保険・金融・サービス・食品・消費財メーカーなどの大手企業から順次提供。大手製造業や中堅規模の企業への提案にも取り組む。