米アマゾンウェブサービス(AWS)は米国時間の11月30日、年次イベント「re:Invent 2021」の中で、メインフレームで稼働するワークロードのクラウド移行を支援するサービス「AWS Mainframe Modernization」を発表した。レガシーな業務アプリケーションを、AWS上で動作可能な形態に変換・移行するためのツールとサービスを提供する。当面は米東海岸リージョンで展開する。

 COBOLやPL/1といった言語で書かれたアプリケーションをモダナイズし、AWSの上で継続的なインテグレーションとデリバリー(CI/CD)が行えるようにするサービス。提供される具体的なコンポーネントとしては、アプリケーションと依存関係の分析ツール、統合開発環境、マネージドされた実行環境などが含まれる。

 移行の手法としては、メインフレームと互換性のあるランタイム環境への「リプラットフォーム」と、COBOLなどのプログラムをJavaに自動変換する「リファクタリング」が用意されている。AWSでは、このサービスを利用することで、メインフレームのクラウド移行に必要な時間を3分の2に短縮できるとしている。