日本ユニシスは、国内金融機関でトップシェアの総合資金証券管理システム「Siatol-NE」をMicrosoft Azure上で稼働させ、サービス利用型「Siatol-NE SaaS」として提供を開始した。

「Siatol-NE SaaS」のイメージ

 Siatol-NE SaaSは、Microsoft Azure上にSiatol-NEの環境を構築し、共同利用型サービスを提供する。顧客拠点との接続には、ExpressRouteを採用しセキュアに接続できる環境を実現。Azureの東日本リージョンと西日本リージョン間でデータ同期(バックアップ)を実施し、万が一、東日本リージョンが被災した際には、西日本リージョンに環境を復元する。

 Siatol-NE SaaSの採用により、顧客の負担となっているシステム運用や更新にかかる労力とコストを削減する。さらに、機能強化や制度改正にともなうアップデートのスピーディーな対応、大規模災害に備えた事業継続性の確保、外部システムとのデータ連携や企業との協業によるサービス拡充も可能となる。第一号ユーザーとして北國銀行で稼働している。