キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)は、セキュリティ脅威の監視や分析によりインシデント対応を行うSOC(Security Operation Center)サービスとして「UTM セキュリティ運用支援サービス」と「UTM セキュリティ運用支援サービス(Light)」の提供を12月14日に開始した。また、同サービスの提供に向けてITセキュリティ専業でビジネスを展開するセキュアヴェイルとの協業を開始する。

UTMセキュリティ運用支援サービス

 今回提供するSOCサービスは、フォーティネットUTM製品「FortiGate」向けの運用支援サービスで「通常版」と「Light版」の2種類をラインアップしている。通常版では、「監視/設定変更/障害対応」から「ログの収集/脅威分析/セキュリティインシデント対応」まで幅広いセキュリティ運用支援サービスを提供。Light版では、運用の必須機能に絞った安価な運用支援サービスを提供する。それぞれ、問い合わせ窓口は24時間365日で対応し、顧客が抱えるセキュリティ対策への業務負荷や運用コストの軽減を実現する。

 税別価格は、UTM セキュリティ運用支援サービスが月額20万円から、UTM セキュリティ運用支援サービス(Light)が月額2万円から。

 キヤノンITSは、今回のFortiGate向け運用支援サービスに続いて、今後も顧客ニーズに合ったSOCサービスの提供を予定。5年後までに、SOCサービスで年間売上高10億円を目指す。