サイオステクノロジーは、クラウド型ワークフローシステム「Gluegent Flow」とIDaaS「Gluegent Gate」の基盤技術を統合した新サービス「Gluegent Flow 情シスクラウド」の提供を12月21日に開始した。ユーザー企業は、一気通貫の業務プロセスやクラウドサービスの一元管理を実現し、情報システム部門の負担を軽減することができる。

Gluegent Flow 情シスクラウド

 Gluegent Flow 情シスクラウドでは、ワークフローのテンプレートを用いることで申請フォームの作成・管理を容易に行うことが可能な「申請フォームの管理機能」、申請フォームをあらかじめ定義した業務プロセスにのっとり、関連部門や担当者にワークフローを回付することでプロセス処理・承認と並行して業務処理が可能な「業務プロセスのワークフロー機能」、50製品以上のクラウドサービスと連携し、アカウント管理と業務プロセスの統合・自動化を実現する「クラウドサービス連携機能」、アカウントごとに利用サービスや利用状況(作成・削除日時など)の管理が可能な「アカウント申請の台帳管理機能」などを提供。

 加えて、今後はテレワーク管理機能、利用端末の制限機能、認証管理機能、グループ管理機能、権限管理機能など、機能拡充を順次進めていく。