オンラインスクール事業などを手掛けるキラメックスの法人向けオンライン研修サービス「TechAcademy IT研修」を利用する企業が800社を超えて増加している。西武バスでは、9月からDX人材の育成を目的に同サービスの利用を開始。研修を受けた社員が、学んだ知識を業務で生かす場面が出てきているという。
 
キラメックス 樋口隆広社長

 TechAcademy IT研修では、IT基礎からプログラミング、AIなどをテーマに50の研修コースをラインアップしている。実践的な内容に加えて、受講者には専属のメンターが付き、マンツーマンでサポートするのが特徴だ。キラメックスの樋口隆広社長は「選考を通過した豊富な知識や高い技術を持つ人をメンターとして採用しているため、質の高いサポートを提供できる」と説明する。

 現在は大手企業を中心に800社以上が利用している。樋口社長は「研修といえば、リアルで実施するのが当たり前だったが、新型コロナウイルスの影響もあり変化している。今後の企業研修は、リアルとオンラインを組み合わせたハイブリッド型になっていくのではないか」と展望する。