シスコシステムズは1月13日、記者会見を開き、中小企業向けビジネスの重点戦略を示した。市場への新たなルートとして、ビックカメラとの協業に向けて交渉していると発表した。新型コロナ禍以降、クラウドサービスの利用企業が急増するなど中小企業向け事業の売り上げが好調に推移していることから、重点戦略でこの流れをさらに加速させたい考えだ。
 
石黒圭祐 執行役員

 ビックカメラは各地域に法人専用窓口を設けており、専属の営業部隊を有している。シスコシステムズの石黒圭祐・執行役員SMB・デジタル事業統括は「コンシューマーに近いビックカメラを販路とすることで、これまで以上に当社のソリューションを身近に感じてもらえる」と狙いを語った。

 中小企業向けビジネスでは、パートナー施策にも力を入れ、全国対応サービスパートナーやディストリビューターなどとの関係強化を図る。グローバル規模で販売パートナープログラムの拡充を計画していることも明らかにした。