シスコシステムズは10月21日、オフィシャルパートナーを務めた東京五輪での取り組みについて記者説明会を開催した。鈴木和洋会長は大会期間中、「100%のネットワークアベイラビリティを維持できた」と成果に触れた上で、「新しい五輪のモデルを示した大会になった」と述べた。
 
鈴木和洋会長

 今回の五輪は43競技会場、本部、選手村など、五輪史上最多の拠点数での開催になったという。その中で同社は2万2000台の製品を導入して、ネットワークを構築し支援した。大会期間中、ネットワークには18万6000台の端末から接続があったが、遅延をはじめとしたトラブルは起こらなかった。なお、期間中のインターネットトラフィックの総量は1.6ペタバイト。これは五輪史上最大だったとしている。