TISがロボットによるデジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組みを加速している。1月25日に豊洲オフィスで開いた事業説明会では、企業のDX包括支援サービス「DX on RoboticBase」の提供を発表し、自動移動ロボットによる人手不足解消などを後押しする方針を示した。コロナ禍に伴う非接触環境構築の需要でロボティクス事業は注目されており、ロボット関連ビジネスで売上高100億円を目指す。

 DX on RoboticBaseは、主に「マルチロボットプラットフォーム」(RoboticBase)と「マルチロボットインテグレーション」「マルチロボットコンサルティング」の三つで構成される。これらが連動することで運搬や清掃、案内、警備など種類の異なるサービスロボット、センサーやカメラ、サイネージなどのIoTデバイスを統合管理でき、施設管理や企業システム、外部データとの連携などを可能にする。

 同社のロボットによるDXの取り組みは構想や実証段階にあったが、自社や顧客にDX on RoboticBaseを提供できる環境が整ったことで、2022年度は実運用の段階へ移行する。東京・中央区で8月に竣工予定の大型複合ビル「東京ミッドタウン八重洲」でDX on RoboticBaseを提供する予定で、荷物の運搬や清掃での活用を見込む。

 エンタープライズビジネスユニットビジネスイノベーションユニットの荒木幹男・ビジネスイノベーション事業推進部シニアエキスパートは「われわれは、さまざまな顧客といろいろな場面で過去3年間、検証を続けてきた。これまでのサービスを結合して提供することが今回の狙い」と述べた。