日本タタ・コンサルタンシー・サービシズ(TCS)は、日本企業専用の運用保守サービス拠点「ニアショアセンター@東京」を同社内に2022年1月に開設する。


 ニアショアセンター@東京は、IT人材の不足に悩む日本企業の顧客に向けて、TCSグローバルのオフショアチームと連携し、グローバルリソースやアプリケーションの運用保守サービスを最適なコストで柔軟に活用してもらうための窓口として機能する。24時間365日対応で複数のシフトを組むことで、顧客の事業展開や各国の現地時間にも対応する。当初はアプリケーション・マネジメント・サービス(AMS)から開始し、随時、提供サービスを拡充していく。

 具体的には、TCS独自の自動化フレームワーク「マシンファースト・デリバリーモデル(MFDM)」をはじめ、TCSのチャットボットフレームワーク「TISA(TCS Intelligent Support Assistant:ティサ)」やコグニティブ・オートメーション・ソリューション「ignio(イグニオ)」を活用した運用保守の高度化により、サービスレベル向上と効率化(工数削減)を実現する。

 また、最適化された専用サービスモデルとシェアードサービスモデルの組み合わせにより、個々の顧客のビジネスやシステムの変化に柔軟に対応するほか、対応モジュールの負荷や利用モジュールの拡張に即して運用保守を調整することで、効率的な運用保守を包括的に支援する。

 さらに、TCSのマネージドIT運用サービス「PRISM(プリズム)」も活用し、サービスデスク対応から高度な知見が求められるL2、L3まで、また、アプリケーションからインフラ運用に至るまでエンド・ツー・エンドで対応する。