ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン(ウォッチガード)は、「WatchGuard Cloud」に新たに「WatchGuard Patch Management(パッチ管理)」「WatchGuard Full Encryption(フル暗号化)」「WatchGuard Advanced Reporting Tool(ART、高機能レポーティングツール)」「WatchGuard Data Control(データコントロール)」と四つのエンドポイントセキュリティモジュールを追加した。

 これら四つのモジュールを統合することで、ウォッチガードの統合型セキュリティプラットフォームを強化し、ソリューションプロバイダーや顧客はウォッチガード全てのエンドポイントソリューションへの一元アクセスが可能となり、さらにネットワークセキュリティ、MFA(多要素認証)、セキュアWi-Fiなど、その他のセキュリティサービスとの連携も実現する。

 新モジュールの主な特徴は、WatchGuard Patch ManagementがオペレーティングシステムやWindowsのワークステーションやサーバー上で稼働する多彩なサードパーティーアプリケーションの脆弱性を管理する。これにより、攻撃対象領域の削減をはじめ予防機能やインシデントの封じ込め能力の強化が可能となり、WatchGuard EPDR、EDR、EPPソリューションのアドオンとして利用することができる。

 WatchGuard Full Encryptionでは、WindowsシステムのBitLockerを活用し、フルディスクとUSBドライブの暗号化やキーリカバリーを一元的にコントロール、管理する。WatchGuard EPDR、EDR、EPPソリューションのアドオンとして利用することができる。

 WatchGuard Advanced Reporting Tool(ART)では、アプリケーション、ネットワーク、ユーザーの日常運用に関する詳細情報を提供する。これには、エンドポイントですぐに利用可能な事前定義のクエリ、ダッシュボード、アラートが含まれる。また、管理者はエンドポイントテレメトリに基づくカスタマイズされたクエリやアラートを作成することもできる。WatchGuard EPDR、EDRソリューションのアドオンとして利用することができる。

 WatchGuard Data Controlでは、保管データから利用データ、移動中のデータまで、エンドポイントに関する非構造化の機密または個人情報をディスカバリ、監査、監視を行う。また、リアルタイムのカスタム検索により、特定のコンテンツ内のファイルを検索することも可能。WatchGuard EPDR、EDRソリューションのアドオンとして利用することができる。