パロアルトネットワークスは1月31日、クラウドセキュリティプラットフォーム「Prisma Cloud」の最新バージョンの提供開始を発表した。エージェントレスでクラウドワークロードとアプリケーションのリスクを可視化する「エージェントレススキャン」などの機能を追加した。利用が広がるパブリッククラウドのセキュリティ対策を支援する。

 Prisma Cloudは、「Amazon Web Services(AWS)」や「Microsoft Azure(Azure)」といったパブリッククラウドの設定を監視・保護するCSPM(Cloud Security Posture Management)機能と、コンテナや仮想マシンなどの不審な動作を自動検知するCWPP(Cloud Workload Protection Platform)機能を単一のプラットフォームで提供する。
 
ミスラ・アジェイ CTO

 同日の記者会見では、最新の「バージョン3.0」の特徴としてエージェントレススキャンを紹介。ミスラ・アジェイ・クラウドセキュリティ事業本部CTO(Chief Technology Officer)は「エージェントレスのためインストールの手間が掛からず容易にクラウド環境を可視化できる。既存のエージェント方式の対策と補完し合うことで、さまざまなリスクに対応できる」と説明した。