ServiceNow Japanは4月20日の説明会で、製造業向けビジネスに注力する方針を示した。共通システム基盤となる「Now Platform」を軸に“サプライチェーンの司令塔”としての役割を果たすことが柱。組織や部門の壁を越えたシームレスなデジタルワークフローの提供を強化し、業界全体のデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進する考えだ。
 
松本大輔 製造営業 統括本部長

 営業事業統括の松本大輔・製造営業統括本部長は、製造業の現況と課題について紹介。製造業を取り巻く環境は大きく変わり、デジタル変革が必要になっているとした。しかし、レガシーシステムがサプライチェーンの中で独立して稼働し、他のシステムと連携できない状態になっていることなどから「製造業のリーダーはデジタル化の投資をリスクと考えており、デジタルの利活用は進んでいない」と指摘。製造業のデジタル化を進展させるためには「社内外の部門を越えて、ステークホルダー全体を横断するようなプラットフォーム上で提供するデジタルワークフローソリューションが必要だ」との認識を示した。