ニュース

ServiceNow Japan 製造業向けビジネスに注力 サプライチェーンの司令塔としてDXを推進

2022/04/27 16:00

週刊BCN 2022年05月02日vol.1921掲載

 ServiceNow Japanは4月20日の説明会で、製造業向けビジネスに注力する方針を示した。共通システム基盤となる「Now Platform」を軸に“サプライチェーンの司令塔”としての役割を果たすことが柱。組織や部門の壁を越えたシームレスなデジタルワークフローの提供を強化し、業界全体のデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進する考えだ。
 
松本大輔 製造営業 統括本部長

 営業事業統括の松本大輔・製造営業統括本部長は、製造業の現況と課題について紹介。製造業を取り巻く環境は大きく変わり、デジタル変革が必要になっているとした。しかし、レガシーシステムがサプライチェーンの中で独立して稼働し、他のシステムと連携できない状態になっていることなどから「製造業のリーダーはデジタル化の投資をリスクと考えており、デジタルの利活用は進んでいない」と指摘。製造業のデジタル化を進展させるためには「社内外の部門を越えて、ステークホルダー全体を横断するようなプラットフォーム上で提供するデジタルワークフローソリューションが必要だ」との認識を示した。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  • 1

関連記事

ServiceNow Japan Now Platformの最新版「San Diego」 創業の地から命名、新UIやRPA機能などで進化

外部リンク

ServiceNow Japan=https://www.servicenow.co.jp/

落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>