ニュース

ServiceNow Japan Now Platformの最新版「San Diego」 創業の地から命名、新UIやRPA機能などで進化

2022/03/31 16:00

週刊BCN 2022年04月04日vol.1917掲載

 ServiceNow Japanは3月29日、Now Platformの最新版「San Diego」の提供を開始した。新しいユーザーインターフェース(UI)の採用やRPA機能の追加、インダストリーソリューションの拡張が主な進化点だ。
 
原 智宏 執行役員

 Now Platformは、年2回のペースでバージョンアップしており、世界各地の地名を製品名にしている。San Diegoは、米本社の創業地であるカリフォルニア州サンディエゴから命名しており、原智宏・執行役員ソリューションコンサルティング事業統括事業統括本部長は「米本社としても非常に力の入ったリリースになっている」と紹介した。

 新しいUIでは、コンポーネントライブラリーやアイコン、フォント、イラストなどのデザインを刷新したり、最新のナビゲーションを提供したりして操作性を向上させた。カスタマーサービスやIT、人事、フィールドサービスをはじめ25種類以上の専用ワークスペースも用意し、ユーザーが迅速かつ効率的に業務を進められるようにした。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

ServiceNow JapanがESGソリューションを提供、持続可能な事業経営を支援

外部リンク

ServiceNow Japan=https://www.servicenow.co.jp/