Synologyは4月28日、企業の超大型ストレージとエッジストレージのニーズを満たすNAS/SANシステム「Synology HD6500」と「Synology RackStation RS422+」を発売した。
 

Synology HD6500

 マルチペタバイトのストレージに対応するHD6500は、膨大なデータを保存するのに理想的なプラットフォーム。一方、RS422+は小規模なフォームファクターで支店や小規模オフィスに不可欠なストレージとサービスを提供する。どちらのデバイスについても、Synology DiskStation Manager(DSM)を搭載し、パワフルで使いやすいデータ管理ソリューションのラインアップを提供している。

 4U 60ベイのHD6500は、最大960TBをサポートし、大規模ストレージを効率化するように設計されている。最大4台の60ベイRX6022sas拡張ユニットと簡単に組み合わせることができ、20Uの設置面積で4PB以上のストレージを実現する。シーケンシャル読み取りでは6688MB/秒、シーケンシャル書き込みでは6662MB/秒を超えるパフォーマンスにより、大量のウォームデータを含むあらゆるプロジェクトに対応する。

 HD6500のストレージコントローラ、ファームウェア、オペレーティングシステムは、Synology HAS5300 SAS HDD2との互換性が徹底的に検証されており、併用することで長期的なパフォーマンス、信頼性、データの整合性が最適化される。さらに、冗長電源、SASマルチパス対応、帯域外(OOB)管理により、データとサービスの可用性が確保される。

 二つの10GbE RJ-45ポート、三つの1GbE RJ-45ポート(そのうち一つはOOB管理ポート)、10GbE SFP+/RJ-45、25GbE SFP28、またはFibre Channelを追加するオプションを備えており、ビジネスのニーズに合わせてアップグレードすることができる。

 1U 4ベイのRS422+は、コンパクトな高性能ラックマウントサーバー。小規模なチームはコンパクトでエッジストレージに最適化されたソリューションでDSMが提供する強力なデータ管理機能を活用できる。奥行き33cmのRS422+は、奥行きの浅いラックマウントエンクロージャーや2ポストラックにフィット。また、高いスループットを必要とするユーザーは、E10G22-T1-Miniネットワークアップグレードモジュールを使用して10GbE RJ-45ポートを簡単に追加できる。

 HD6500とRS422+は、どちらもビジネスファイルサーバー、リモート管理、バックアップ機能が強化されたDSM 7.1を搭載している。

 Synology DriveとHybrid Shareのサポートにより、マルチプラットフォームのファイルアクセス、同期、共同作業を実現。また、SMBプロトコルを介して集約されたファイルポータルを作成して、複数のSynologyシステムを仮想的にリンクして利便性を向上することができる。

 クラウドベースのActive Insightサービスも更新され、パフォーマンス、セキュリティ、バックアップの監視機能などに加え、便利なシステムとソフトウェアの更新機能が追加された。