Dynabookは5月9日、企業向けにWindows 11搭載PC導入時のデータ移行作業をサポートする「PCリプレース支援サービス」を開始した。移行には独自のツールを使用する。Windows XPのEOS時から手掛けているデータ移行サービスのノウハウを生かして、複数台の移行を効率的に展開し、セキュリティ面でのリスクも抑える。ツール単体でも販売し、ユーザーが自らの手で移行を行えるようにするほか、販売店やSIerによるサービス提供も可能とし、幅広くニーズを取り込んでいく。

 移行は元データを有するPCと移行先のPCを直接LANケーブルで繋ぎ、「PCリプレース支援ツール」(DVDまたはUSBメモリで接続)を使って作業を進める。外部バックアップなどを利用する場合と比べて、情報漏えいのリスクが軽減されるほか、データの移行漏れも防ぐ。ツールは自動化されており、複数台のPCで作業を並行することも可能だ。「BitLocker」やDynabook製「SmartDE」で暗号化されたPCも復号することなく移行でき、Dynabook以外のPCにも対応している。スタッフが顧客先を訪問するため、ユーザーの作業負荷軽減にも寄与する。

 Dynabookが同一環境下で行った測定によると、ツールを活用した移行作業は32分で完了し、USB外付けHDDを使った場合の39分、ネットワーク経由(フォルダー共有)の45分と比べて時間の短縮が図れるという。