CData Software Japan(CData)は5月31日、RPAテクノロジーズが提供するRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)ツール「BizRobo!」との相互運用性ソリューションの提供を開始すると発表した。CData JDBC Driversを活用することで、BizRobo!とSalesforce、Googleスプレッドシート、Office 365などのクラウドサービスをはじめとする250以上のSaaSデータとの連携がノーコードで実現可能となる。


 近年、企業でのクラウド業務アプリケーション(SaaS)の利用が急速に増加しており、RPAの利用シナリオとしても各種SaaSやクラウドストレージとのデータ連携が求められるようになっている。多くのクラウドサービスでは、APIをデータ連携用に提供しているが、APIでのデータ連携にはプログラミング知識が必要なため、誰でも気軽に操作できるとはいい難いことが課題となっていた。

 一方、CData JDBC DriversはBizRobo!に組み込んで使用するだけで、BizRobo!からローカルのRDBデータへのアクセスと同様に、SQLで各種SaaSに連携することが可能になる。APIプログラミングが不要になることにより、BizRobo!を使用した幅広いオンプレミス-SaaSの連携シナリオや、SaaS-SaaS間の連携を実現することが可能となる。

 BizRobo!上でCData JDBC Driversを活用することで、RPAとクラウドサービスをはじめとする250以上のSaaSデータに連携することが可能となる。今後は、利用シナリオを拡張し、各業種のBizRobo!ユーザーの、ハイブリッドクラウド時代に向けたニーズに応えていく。

 なお、CData JDBC Driversとの相互運用性ソリューションについては、BizRobo!ユーザー向けのオンラインロボットシェアリングサービス「ROBOT-HUB」のプラットフォームで公開する。