ニュース

ソフトウェア協会 田中筆頭副会長が新会長に内定 「デジタル前提の社会をつくる」と抱負

2022/06/02 16:00

週刊BCN 2022年06月06日vol.1925掲載

 ソフトウェア協会(SAJ)は5月31日、田中邦裕・筆頭副会長(さくらインターネット社長)の新会長就任が内定したと発表した。同日の記者会見で田中筆頭副会長は「デジタル前提の社会をつくるためにしっかりと活動していく」と抱負を語り、教育現場への支援や政策の提言などに力を入れる方針を示した。
(齋藤秀平)
 
記者会見に臨んだ荻原会長(左)と田中筆頭副会長

 田中筆頭副会長は「教育や法律など、さまざまな物事が積み重なって今の社会ができた。日本は非常に競争力のある国になったが、一つ欠けているのがデジタルだ」と指摘し、「(これまでに積み重ねてきた)すべての層にデジタルのない時代の前提が含まれている。今は上層にデジタルを載せて何とか社会が成り立っているが、すべての層をデジタル前提に変えれば、社会の生産性は大きく改善するし、人生の効率も上がっていくだろう」と話した。

 SAJはこれまで、教育分野への支援を進めてきた。田中筆頭副会長は、新体制となった後も、教育DXの実現に向けてこれまでの路線を継続する姿勢で「教育現場の人は本当に困っている。縦割り行政の中で変わらない状況はあるが、ソフトウェアの業界団体がしっかりと発信していけば、現場は変わっていくと思っているので、すぐにでも取りかかっていきたい」と語った。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

ソフトウェア協会 デジタル化に向けてできること 顧客のパートナーになる

CSAJ 7月1日付でソフトウェア協会(SAJ)に名称変更 「圧倒的な影響力のある団体」を目指す

外部リンク

ソフトウェア協会=https://www.saj.or.jp/