ニュース

イントラマートの「intra-mart」、フォーバルテレコムが顧客満足度向上を目的に採用

2022/07/01 15:07

 NTTデータ イントラマート(イントラマート)は6月30日、フォーバルテレコムがサービス領域の拡大に加え、多様な顧客ニーズへの迅速な対応と顧客満足度の向上を目的に、Digital Process Automation Platform「intra-mart」を採用したと発表した。

「Collabo One」システム構成図

 フォーバルテレコムは、中小企業のパートナー「フォーバルグループ」の中で、高速通信サービスや販売管理業務を可能とするソリューションを展開。近年ではDXやGXに応えるサービスの拡充を手掛けている。豊富な商材を販売パートナーとともに提供する中で、膨大な請求手続きが課題となり、約15年前にシステムをスクラッチ開発した。

 しかし、申込受付管理や顧客・契約管理といったシステムへの要望が高まるにつれて開発スピード・コストの両面に限界を迎え、代理店業務を一元管理するプラットフォームの検討を開始。その結果、顧客管理・販売管理・請求回収などをトータルで提供するサービス「CollaboOne(コラボワン)」の開発基盤にintra-martを採用した。

 今回の採用に際しては、(1)多くのパートナーにもセキュアなサービス利用が可能なマルチテナントに対応していること、(2)ID単位ではないライセンス体系であること、(3)権限(ロール)の設定変更だけで適切な管理ができる階層管理機能があること、(4)ローコード開発により外部システムとの連携が容易に自動化できること――の四つを高く評価した。

 フォーバルテレコムではintra-martの導入によって、「バックヤード業務が6分の1に大幅短縮」「CollaboOneとウェブ請求システムを連携し、毎月10万件の請求書をペーパーレス化」「ローコード開発ツールによる簡便なビジネスロジックの作成でスピード開発を実現」「パートナーシップの強化に貢献」といった効果を実現している。

 同社は、CollaboOneのサブスクリプション対応と外販を積極的に展開しながら業種特化型ソリューションを強化していく方針。イントラマートでは、今後も業務プロセス全体の自動化・デジタル化による企業のDX実現を支援していく。

関連記事

イントラマート、Accel-MartがAWS ISV Accelerateプログラム認定を取得

イントラマートと「intra-mart」とSansanの「Bill One」が連携、経理業務の生産性を向上

イントラマートとB-Prost、「BIMs」をAPAC地域で販売開始

外部リンク

NTTデータ イントラマート=https://www.intra-mart.jp/

フォーバルテレコム=https://www.forvaltel.co.jp/

おすすめ記事