ニュース

大塚商会、「DX統合パッケージ」に「freee会計」を連携

2023/01/27 14:38

 大塚商会は、同社が提供する基幹系と情報系システムを統合した「DX統合パッケージ」に、freeeが提供する統合型クラウド会計ソフト「freee会計」を連携させたソリューション「DX統合パッケージ with freee」を2月に発売する。


 これまで同社は、従来独立していた基幹系システムと情報系システムのデータベースを統合し、データのシームレス化を実現したDX統合パッケージを提供することで、企業のDX推進の基盤作りを支援してきた。今回、DX統合パッケージに、クラウド会計ソフトで高いシェアをもつfreee会計を組み込み、DX統合パッケージ with freeeとしてリリースする。業務の最適化を実現し、生産性向上を図りたい中堅・中小企業に新たな価値を提供する。

 今回の連携により、例えばDX統合パッケージ内の販売システムで作成した債権データをfreee会計に取り込み、freee会計の強みである口座連携による自動入金消込・自動仕訳機能(AI活用)で会計処理の効率化を実現する。

 これによって、導入企業ではシステムの違いを意識せずに、情報がシームレスに連携することで業務の効率化が図れ、生産性向上につながるとともに、企業のDX推進のフェーズにあわせた構築に対応できる。

 価格は個別見積もり(使用するモジュール・ライセンス数・データ量により異なる)。同社では、初年度で550社の販売を見込んでいる。
  • 1

関連記事

SuMiTPFCと大塚商会、“SDGs「ありがとう」プロジェクト”を通じた寄付を開始

大塚商会、「実践ソリューションフェア2023」をリアルとオンラインで開催

大塚商会の22年12月期第3四半期決算、売上高は前年同期比1.5%減6421億9900万円に

外部リンク

大塚商会=https://www.otsuka-shokai.co.jp

落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>