ニュース

ジオテクノロジーズ、地図情報などを統合したプラットフォーム「Geo-Prediction Platform」を発表

2023/06/29 09:00

週刊BCN 2023年06月26日vol.1974掲載

 地図情報サービスなどを手掛けるジオテクノロジーズは6月16日、デジタル地図や人流データなどを統合して提供するプラットフォーム「Geo-Prediction Platform(GPP)」を発表した。同プラットフォームの提供に合わせパートナー戦略を強化し、「ジオプリディクション・パートナーエコシステム(GPPE)」を開始することも明らかにした。GPPとパートナーの知見や技術を組み合わせたソリューションの展開を目指す。

 同社はデジタル地図データベースやカーナビ向けの地図を提供してきたことから、地図や位置情報に関する豊富なデータを保有している。加えて、2020年10月に徒歩や自転車などで移動することでポイントがたまるアプリ「トリマ」を開始。同アプリで得られた消費者の移動情報を蓄積した人流データの作成も行っている。GPPは、これらのデータにリサーチやマーケティングのデータを統合、高精度な分析が可能となるという。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  • 1

関連記事

ジオテクノロジーズ、東京大学と人流データを共同研究 スマートシティの取り組みを支援

落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>