ニュース

原田新社長「勢いを止めずに成長」、タニウム日本法人が事業戦略を説明

2024/02/19 14:14

週刊BCN 2024年03月04日vol.2004掲載

 エンドポイントセキュリティ製品を手掛ける米Tanium(タニウム)の日本法人は2月14日、記者会見を開き2月1日付で社長に就任した原田英典氏が事業戦略を説明した。国内ビジネスの推進にあたり、営業体制の強化、サポート体制の充実、日本市場に合わせた機能開発に取り組む方針を示した。原田社長は、直近4年間の日本法人のサブスクリプション売上高成長率は平均60%だとし、「グローバルの中でも突出して高い数字だ。この勢いを止めずに今年も成長していく」と力を込めた。
 
タニウム日本法人の原田英典社長(左)と
米Taniumのダン・ストリートマン最高経営責任者

 原田社長は、顧客層ごとへのアプローチ方法を説明。「国内の従業員数5万人以上の企業の半数が同社の製品を利用している」ことから、今後はアップセルを推進することで売り上げ拡大を狙う。2万人以上~5万人未満の企業については、「リーチできていないお客様が多数いる」ため、営業リソースを投下し、新規顧客獲得を狙う。数千人~2万人未満の企業に対しては、パートナー経由での販売に注力する。商談の場にタニウムの営業が同席するなどして、パートナーが販売しやすい体制を整えるとした。これらの施策により、24年度は新規ビジネスの売上高を前年度から40%成長させる考えだ。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  • 1

関連記事

顕在化するサプライチェーン攻撃被害 遅れる国内企業の取り組み

コロナ禍経たセキュリティ市場で注目の「SSE」 クラウド利用の拡大で早まる普及

AI時代を見据えたクラウドの現在地 第3回 大手ディストリビューターのSaaSビジネス ニーズの取り込みに積極姿勢

外部リンク

タニウム=https://www.tanium.jp/

落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>