ニュース

NTTコミュニケーションズが「アプレット領域分割技術」の事例を説明 IoT向けのサービスを拡充へ

2024/04/11 16:00

週刊BCN 2024年04月15日vol.2010掲載

 NTTコミュニケーションズ(NTTコム)は4月9日、メディア向けに説明会を開き、モバイル通信機器に搭載するSIMの中にユーザー独自のアプリケーションを実装できる「アプレット領域分割技術」のユースケースについて説明した。複数の通信キャリアを自動的に切り替えて通信できるサービスの提供や、機微情報を扱うセキュアな端末を低コストで実現することなどが可能になる。同技術の活用によって、IoTソリューション向けのサービスの拡充を図る。

 SIMの内部には、通信のために用いる「通信プロファイル領域」に加えて、それ以外の情報を書き込める「アプレット領域」が用意されている。通常のSIMは両方の領域を通信キャリアが管理しているため、ユーザーがアプレット領域を利用することはできないが、アプレット領域分割技術を搭載したSIMは、通信プロファイル領域のみNTTコムが管理し、ユーザーであるIoT事業者などはアプレット領域に通信以外の機能を独自に実装できる。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  • 1

関連記事

NTTコム、JR西日本など6社協業で社会インフラの管理事業を開始 データ活用により整備・管理を効率化

NTTコミュニケーションズ、統合ソリューションを軸に課題解決へ 「ドコモビジネス」の方針を説明

NTTコミュニケーションズ、大手建設2社と協業しDXを推進 業界標準ソリューションの開発を目指す

外部リンク

NTTコミュニケーションズ=https://www.ntt.com/

落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>