ニュース

NECが神奈川と兵庫にDCの新棟を開設 消費電力を抑えGPUサーバーにも対応

2024/05/16 16:00

週刊BCN 2024年05月20日vol.2014掲載

 NECは、神奈川県と兵庫県に設置しているデータセンター(DC)に新棟を開設し、5月14日に報道関係者に公開した。生成AI向けに需要が高まっているGPUサーバーにも対応し、消費電力を抑え100%再生可能エネルギーで稼働するなど環境性能も向上。エンタープライズやサービサーからの利用を見込んでいる。

 新たに開設したのは、神奈川DC2期棟と神戸DC3期棟。神奈川は2014年以来10年ぶり、神戸は19年以来5年ぶりに新棟を増設した。投資額はそれぞれ200億円規模。前者は約1500ラックを収容し電力容量は約8メガワット、後者は約1700ラックで約11メガワットを確保。生成AI向けなどで需要の増加が見込まれる高集積・高負荷なGPUサーバーにも対応する。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  • 1

関連記事

NEC、慢性腰痛の患者が自分で原因を推定・改善できるAI技術を開発

顧客にとっての価値をすべてのビジネスの起点に NEC 取締役代表執行役社長兼CEO 森田隆之

NEC・森田隆之取締役代表執行役社長兼CEOの愛用ツール<小林宏治元会長の著作と社内向けの書誌>

外部リンク

NEC=https://jpn.nec.com/

落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>