「第二の飛躍」

佐藤祐次社長

 主戦場である「財務/会計」「人事/給与」は、内部統制に欠かせないプロダクトである。この分野で良質な製品を提供するということを10年間志向してきたという自負がある。2007年は、まさに内部統制で当社が花開く年だ。いままで、どちらかというと、パートナー「特約店」経由で顧客にメッセージを伝えていたが、今年1年間は直接当社のメッセージを届けることを積極的に行う。

 単純に宣伝・広告を打つのではなく、セミナーやプロモーションなど、顧客に直接問いかける。例えば、内部統制はこういうもので、企業はこうすべき──などと、具体的な内容を説明しながら、全国をキャラバンしていく。

 ソフトウェアメーカーとして、プロダクトにはどんな機能を網羅しているのかを直接的に説明する責任がある。「製造物責任」と近い認識で、自信をもって伝えていくべきと考えた。その結果として、「特約店」経由で案件を獲得していく。

 この10年間は、企業にとってオープンな業務システムが必要な期間だった。当社は4000社以上に製品を導入し、一定の使命を果たした。これからの10年は、当り前になったオープンな業務システムについて、さらに内容を充実させて顧客やパートナーとともに「第二の飛躍」を目指していく。

 当社の製品は、すべてオープンで提供している。今回の内部統制では「ブラックボックス化」による責任回避は許されない。昨年度(06年3月期)までの足踏みを挽回すべく、全体では売り上げベースで強気の20%伸長を計画している。