「飛躍」

安藤文男社長

 この1-2年は、“融合”をコンセプトとして基盤づくりに専念してきた。これにより、負の遺産を払拭できた。第2ステージとして、2006年度(07年3月期)から「成長戦略」を掲げて企業規模の拡大に力を注いでいる。07年は、成長を一段と加速するために“飛躍”の年と位置づける。

 製造、販売、調達の一元管理に向けた製販一体の事業部体制を敷いたことにより、利益が確保できる“筋肉質”な企業になったと自負している。これまでは、事業を地道に手がけてきた。今後は大型案件の獲得を徹底し、スケールにこだわったビジネスを積極的に推進していく。当社の取引先上位20社は大手メーカー系グループ会社とユーザー系SIerで占めている。こうした取引先と良好な関係を築き、優良顧客として確保することが売上増につながる。

 ビジネスを拡大していくうえでの課題は人手不足。システム開発の市場は、景気の回復にともない拡大傾向にある一方、四半期ごとに案件を獲得する傾向が高まってスピードを要求されている。そのため、できるだけ多く優秀な人材を確保することが必要だ。

 07年度は増員を図るとともに、他企業とのアライアンスも強化していく。例をあげれば、日本法人を持つ中国系ベンダーとの協業だ。パートナー化を進めることで、さまざまな案件に対応できるようになる。だからといって、単にアライアンス数を増やすというわけではない。開発の品質を高められるベンダーとパートナーシップを深めていく。