時は来たれり

三浦進 社長


 ここにきて、商談の数が増え、引き合いが強まってきた。現在は、「J─SOX法」に関連した商談中の案件を数多く抱えており、これが2008年を大きく飛躍させる要因になると考えている。

 「J─SOX法」の需要を確かなものにするためには、経営情報を可視化してPDCAを回す支援機能「経営ダッシュボード」など、分析系の機能をERP(統合基幹情報システム)「GRANDIT」に組み入れることに力を入れているほか、SOA(サービス指向アーキテクチャ)環境などで連携する製品を拡充してきた。08年は、これまでの成果が正しく評価される一方で、まさに開花する「時は来たれり」という認識を持っている。

 これまで「GRANDIT」は、「完全Webベース」という製品の先進性で需要を引っ張ってきた。これからは、製品面だけでなく販売面でも「GRANDIT陣営」として、販売会社のすそ野がこれまで以上に広がれば、受注が拡大することになるだろう。地域向けには、パートナーになった地場ベンダーを核にサービス網を整備し、SaaS(Software as a Service)などを試行したい。

 米国で、SOAや仮想化などが注目されているのは、一語で言えば「統合化」の流れが加速している。細分化されたインフラやプロセス、価値観が「全体的に回帰する」流れになっている。Webというアーキテクチャを使ってSOAなどで、他の製品とつなぎ世界を広げることが容易な「GRANDIT」には「追い風」だ。


(1)生年月日:1949年7月10日 (2)年齢:58歳 (3)出身地:富山県 (4)出身領域:技術系