明るい挑戦

エス・アンド・アイ 藤本司郎 社長
 厳しい市場環境だからこそ、明るい志をもって挑戦していかなかればならない。ビジネス拡大の機運が高まる兆しがあるからだ。

 2009年はハードウェアの価格下落が激しかったものの、コンタクトセンター向けに提供しているIPテレフォニー関連の製品・サービスが2ケタ成長を果たした。最近では、一般オフィスでもニーズが高まってきている。しかも、モバイル端末を含めたソリューションが求められている。そこで、IP-PBX化に向けて固定電話とスマートフォンを組み合わせたFMC(移動体と有線を融合した通信サービス)ベースのソリューション提供に力を注ぐ。

 実際、案件が増え始めている。企業の部門単位で導入されるケースが多いので、まずはミニマムスタートで提案している。そして、業務効率化やコミュニケーション向上のニーズに応じて企業全体での導入を促していく。当社自身が「iPhone」を採用したFMCを導入しているので、その利便性についてはよく認識している。こうしたノウハウを生かしていきたい。なお、「iPhone」だけでなくWindowsやアンドロイドなどのOS搭載端末でも提供できるため、さまざまなニーズに対応できる。また、別の分野として仮想化環境の構築など当社が得意としている技術力でデータセンター向けビジネスの拡大も継続して加速させていく。

 このようにユーザーニーズへの対応や自社の強みを生かしていけば必ず成長すると確信している。