自己革新

OSK 宇佐美愼治 社長
 2010年は、環境の問題が大きくなってくるだろう。省エネが前面に出てITインフラが入れ替わっていき、省電力ブレードサーバーや計測機器設備などの需要の高まりなど新たなビジネスチャンスが生まれてくる。ペーパーレス化も加速していく。そのほかに考えられるのが、サーバーの集中化に伴う運用コストの変化。当社は、使用エネルギーを集計する「エナジーカルク」を販売している。計測器を開発・販売しているメーカーなど、エコの分野でSIerと組んでいきたい。

 クラウド/SaaSは、2010年にいよいよといったところ。マイクロソフトの「Azure」もあり、本格化していくだろう。当社としては歓迎したい。ただ、既存のビジネスモデルを破壊する可能性がある。そこで新しい分野でSaaSに取り組むという意味で始めたのが「エナジーカルク」。これはJ-SaaSにも採用されている。製品の料金体系についても、すでにサブスクリプションモデルを新たに「SMILE」や「eValue」など既存製品でも実施している。

 2009年は、アライアンスのパートナーでいい企業と組めたと実感している。JBCCホールディングスと手を組めたのは大きい。日本ユニシスや日本情報通信などとも確固たるパートナーシップができつつある。

 これからはもっと知名度・ブランドを向上させていきたい。マスコミを通じてパートナーに訴求していく。