自律的な成長

DTS 赤羽根靖隆 社長
 情報サービス産業は、景気の影響を大きく受けてしまうことを、ここ1年余りの間で改めて強く感じた。受託のソフト開発など受動的な仕事が多いと、どうしても景気変動に左右される。回避するには、他社にない商品・サービスを保有し、戦略的に動ける体制を築くことが必須だ。当社では早くから自社の強みを伸ばす努力や、独自商材の開発に力を入れてきたが、まだ十分でない。キーワードの「自律的な成長」は、自らの力量で成長する当社の意気込みを示したものだ。

 今期(2010年3月期)見通しベースの年商は500億円余り。これくらいの規模になると、特定の分野に強いだけでは成長を持続できない。ハードウェアからミドルウェア、アプリケーションソフト、経営コンサルティング、運用サービスに至るまで、トータルにカバーする必要がある。業種も金融や運輸、通信、公共、製造など幅広い対応が求められる。総合SIerとしての品揃えや顧客基盤をこれまで以上に強化することが、景気変動を跳ね返し、自律成長を実現する基本戦略と考えている。

 ハードやミドル基盤を充実させるため、2009年10月にハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)に強いデジタルテクノロジーのSI事業部門をグループに迎え入れた。また、開発力を高めるために中国の自社拠点やビジネスパートナーを含めて400人規模の開発体制を構築。国内外の体制をより強化し、競争力を高めていく方針だ。