挑戦

栗木康幸 社長
 ユーザー企業のIT投資が冷え込んだままで、市場環境は相変わらず厳しいが、当社にとっての2010年は、業績の落ち込みから立ち直った年となった。2010年度の下期(10月~11年3月)は、勢いは一段落したものの、売り上げが順調に伸びており、計画値に達する見込みだ。また、11年度(12年3月期)の売り上げは、前年同期比で約5~10%の成長を予想している。自社のポジションの強化を目指して、10年12月に、東証1部に上場した。

 2011年に注力していきたいのは、新しい事業分野の開拓だ。商社としてICT市場の著しい変化に対応するために、事業領域の拡大が必要不可欠だと考えている。具体的な施策として、2011年はネットワーク機器やストレージ製品の販売だけでなく、技術サポートの充実化を図っていきたい。当社は技術サポートを重視することによって、競合との差異化を追求しているからだ。技術サポートの充実化に加え、日本全国での拠点展開に積極的に取り組んでいく。

 半導体/電子部品(EC)の販売・サポート事業では、以前から海外展開に注力しており、中国の大連や上海など、五つの営業拠点をもっている。日系企業向けの製品展開を中心とした海外事業は、売り上げが順調に伸びている。クラウドに関しては、当社は商社であり、クラウド製品を作る立場にはないが、ICT環境のクラウド化を受けたうえで、お客様にベスト・ソリューションを提供していきたい。