ニュース

東京エレデバ、DC向けスイッチで直販拡大、低価格を武器にアプローチ

2010/02/18 10:08

 東京エレクトロンデバイス(砂川俊昭社長)が、データセンター(DC)向けスイッチの拡販に取り組んでいる。直販ビジネスの拡大が狙いで、これに適した製品として米Arista Networks社の10GbE(ギガビットイーサネット)スイッチを販売。2010年末までに200台の販売を目指す。

 Arista製スイッチは、DCでの運用に対応したレイヤー3スイッチで、ポートあたりの単価が他社製品と比べて半分以下。CN事業統括本部CNプロダクト本部プロダクト推進部の柴原利彦氏は、「低価格なので、ドアオープナー的製品として多くのDCにアプローチをかけていく」との考えを示している。

 同社はこれまでディストリビュータとして販社経由のビジネスが中心だったが、今年度(10年3月期)からSI事業を中心に直販の比重を高めることに力を注いでいる。単なる製品を卸す存在ではなく、SIもできるベンダーとして、他社との差異化を図ることが狙いだ。Arista製スイッチを、ビジネスモデル変革の起爆剤となる製品と位置づけている。
  • 1

関連記事

【2010年 年頭所感】 東京エレクトロンデバイス

東京エレクトロンデバイス 拠点を増設しCN事業を拡大

TISとTED、DWHエンジンで販売契約を締結、3年で33億円の売上規模へ

【2009年 年頭所感】 IT企業トップの「決意」と「実行計画」 東京エレクトロンデバイス

東京エレクトロンデバイス 地方のCNビジネスに意欲 半導体拠点に専門要員を配置

外部リンク

東京エレクトロンデバイス=http://www.teldevice.co.jp/

おすすめ記事