キヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ、川崎正己社長)は、グループのクラウドビジネスを推進する中心的な組織「クラウドビジネスセンター」を、キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS、浅田和則社長)に新設した。

 クラウドビジネスセンターの主な役割は、キヤノンMJグループのクラウドビジネスの事業戦略・ビジネスモデルの策定とITサービス共通基盤の構築、新規サービスの創造スキーム確立、ビジネス推進体制の強化、スキルアップ推進。

 キヤノンMJグループ各社は、これまで独自にクラウドビジネスへの取り組みを進めてきたが、今後はクラウドビジネスセンターに各社が培ったノウハウやユーザーニーズなどを集約。グループシナジーの最大化を図る狙いだ。

 2011年1月に稼動を開始する「ITサービス共通基盤」上で順次サービスを開始し、2013年以降は「ITサービス共通基盤」をSaaSベンダーに向けたPaaSとしても提供していく。

キヤノンMJクラウド概念図