わくわくする事業体

溝口泰雄 常務
 東日本大震災に見舞われただけでなく、タイの大洪水やヨーロッパの金融危機など、未曾有の問題が噴出している。この影響を受けて、IT業界は変革を余儀なくされることとなった。変革のスピードは加速し、ITデバイスのなかに通信が入り込んでいる。

 こうしたなかで、当社はモバイルインターネットの事業を伸ばしてきた。Advanced ICTとコンシューマ向けのSoftBank SELECTION、およびSaaS商材の提供が好調だ。2011年は、売れる商材の品揃えに努めた。2012年は、これらをいち早く提供していく。パートナー企業には、運用管理やメールシステム再構築などの付加価値ビジネスを展開してもらい、ストック型ビジネスを確立していきたい。

 社内では、DaaSの導入による社内ワークスタイルの変革を進めてきた。次のステップとして、ウェブ会議とソーシャルネットワークサービスの利用、固定電話からの移行に着手し、すでにテスト導入をしている。在宅勤務を実施した際には、メールや電話だけでなく、顔を合わせたいという従業員のニーズが高かったので、ウェブ会議の必要性を感じている。本当に業務の生産性が向上することがわかれば、本格導入していきたい。

 当社が目指すのは、わくわくする事業体。暗い話が多いなか、モバイルインターネット事業をさらに伸ばし、「わくわくする!」と言えるようにしたい。