スピード

桑野徹 社長
 ITホールディングス(ITHD)グループの中核事業会社の一社として、スピード感をもって経営に臨む。2012年4月にはITHDグループ全体で、3か年中期経営計画をスタートしており、13年度は中計2年目に入る。計画で掲げた目標達成に向けて、経営のスピードをより一段と上げていかなければならない。

 当社が目指す姿は、ITシステム導入前の経営コンサルティングから本稼働後の運用までの一貫したサービスを提供できるITベンダーであり続けることだ。12年10月には、顧客ごとに個別に提供していたITコンサルティングサービスを、経営課題や目的を基点に集約・体系化した総合的なサービスへと強化した。また、これまでITHD傘下にあったコンサルティング会社のBMコンサルタンツを、新しくTISビジネスコンサルタンツとして当社傘下に置くことで一体感を強めた。

 グローバルITサポートの面では、ASEAN地域やインド方面での拠点整備を急ぐとともに、ユーザー企業がスムーズにアジアで展開できるよう、ITインフラ面で総合的にサポートする「アジアマルチプラットフォームサービス」も立ち上げている。運用面では13年5月に大阪で350ラック相当分のデータセンター(DC)を拡充する予定であるなど、ITコンサルからグローバルITサポート、DCを活用した運用に至るまでの総合的なサービスをワントップで提供できる体制の強化を加速していく。