ITコーディネータ(ITC)の活動をサポートする特定非営利活動法人「ITコーディネータ協会」(播磨崇会長)は、この8月、最大イベントの「ITC Conference 2013」をはじめ、ITC向けのさまざまな催しを開催する。

ITC Conference 2013

 8月23~24日の2日間にわたり、全国のITCが集まって交流を図る大型イベント「ITC Conference 2013」を東京プリンスホテル(東京・港)で開催する。

 今年のテーマは「いま、イノベーションを実現するITコーディネータ~新たなビジネス創造へのチャレンジ」。経営改革を実践している企業の経営者や最新のITトレンドに精通する専門家を招いて講演を行うほか、すぐれたIT経営の実践事例を紹介する。経営者が参加して、生の声を聞かせるパネルディスカッションも予定している。

全国のITCが集まった「ITC Conference 2012」

 「ITC Conference」は企業の経営とIT活用を橋渡しするITCの知識向上を図り、ITCと関連機関とのネットワーク形成や情報交換を目的としたもの。2002年に第1回を実施し、今年で12回目の開催となる。

イノベーション研修

 8月9日、「経営とは“事業の定義を変えること”」と題して、イノベーション研修の第一弾を、アーバンネット神田カンファレンス(東京・千代田区)で開催する。

 ITコーディネータ協会の播磨会長が「ITC協会が行うイノベーション研修」について講演を行うほか、気象・地震・防災の関連情報を提供するハレックスの越智正昭代表取締役社長が「潰してこい!と命じられたほどの崖っぷち会社の経営立て直しを通して学んだこと」について語る。

 15:00開始。受講料は2000円。

ケース研修プチ体感

 8月2日、ITC資格を取得しようとしている人を対象に、ITCケース研修についての事前説明会「ITCケース研修ガイダンス~ケース研修プチ体感」(無料)を開催する。

 説明会では、資格の内容について聴講したり、ケース研修の流れや導入などを体験することができる。実際の研修が行われる会場での開催となるので、事前に研修本番の雰囲気を感じることができる。

 会場は、虎ノ門経営支援センター(東京・港)、時間は18:30~20:30。(ゼンフ ミシャ)