黒田哲夫 社長
 当社は、2013年度(14年3月期)に新たな3か年の中期経営計画を開始した。大手SIerが手を出さない中小規模の市場にターゲットを絞り、最先端の機器と当社の技術力やノウハウを組み合わせることで、他社との差異化を図るというのが基本戦略だ。当社のソリューションはシステム、ネットワーク、電子部品・機器の三つの事業に分かれているが、いずれも順調に成長しており、上期は売上高が前年度比で16.6%増と計画を上回る業績を上げている。

 例えば、ネットワークでは、防災システムが新たに沖縄県の豊見城市に採用された。音声や衛星通信のソリューションを10年以上前から手がけてきた実績や、Jアラートの情報を3社の携帯電話事業者の端末に自動配信するシステムなどが高く評価された。防災システムは、定期的に数億円規模の案件を獲得しており、将来は四つ目の事業として大きく成長させることができると期待している。また、システムでは、文教ソリューションで私立大学を開拓し、順調に案件を獲得できている状況だ。とくに入試・教務システムが好調で、前年よりも速いペースで拡販できている。電子部品・機器では、他社があまり扱っていないマイクロ波機器用の部品や接着剤などの電子材料が堅調に売れている。

 2014年も基本戦略は変えない。大手ITベンダーと肩を並べて同じ市場で競っていくのではなく、当社が取り組みやすい市場でさらなる差異化を追求し、ユーザーに高い付加価値を提供していきたい。