山田隆司 社長
 日本IBMのトップソリューションプロバイダである当社にとって、IBMが心血を注ぐパブリッククラウドサービス「IBM SoftLayer」は、非常に重要な意味をもっている。当社は業界に先駆けて「Amazon Web Services(AWS)」や「Microsoft Azure」などの主要なパブリッククラウドを活用したビジネスを立ち上げてきたが、IBM SoftLayerが日本国内でも本格的な拡大期に入ったことで、主要クラウドが出揃ったとみている。こうしたことから2015年のキーワードは「クラウドシフトの基盤確立の年」とした。

 ここ数年、「クラウドファースト」といわれ続け、システムの更改や新規導入のときは、まずはクラウド環境を検討し、優先して導入する動きがあたりまえになってきた。2015年以降は、IBM SoftLayerをはじめとする主要クラウドのサービスが充実してきたことを受けて、従来とは比較にならない速さでクラウドへの移行が進む。振り返って私どもJBCCホールディングスグループが、クラウドシフトに向けた十分なサービスや商品、体制を整えているのかといえば、まだそうではない。クラウドシフトの基盤確立を急ぐ。

 システムの立ち上げ期間も短くなっているので、当社ではソフトウェア開発の自動化、高速化ツールであるウルグアイの「GeneXus(ジェネクサス)」を本格活用している。当社独自で開発している要件定義やシステム設計などを行う開発支援ツールについても一段と充実させ、ユーザーニーズに応えて、ビジネスの拡大を推進していく。