「FUIJITSU Knowledge Integration」を実現するための新しいプラットフォームである「デジタルビジネスプラットフォーム(DBPF)」。富士通がその中核と位置づけるのが、2015年度(2016年3月期)第3四半期に提供を開始するパブリッククラウドのIaaS/PaaS「K5」だ。グローバルベンダーの“メガクラウド”ばかりが目立つこの領域で、富士通は何を強みに、どんなポジションを目指すのか。(本多和幸)