国産No.1ベンダーの挑戦

<世界とどう戦う?国産No.1ベンダーの挑戦【企業研究 富士通編】>第3回 満を持して「K5」を投入

2015/08/27 20:28

週刊BCN 2015年08月24日vol.1592掲載

 「FUIJITSU Knowledge Integration」を実現するための新しいプラットフォームである「デジタルビジネスプラットフォーム(DBPF)」。富士通がその中核と位置づけるのが、2015年度(2016年3月期)第3四半期に提供を開始するパブリッククラウドのIaaS/PaaS「K5」だ。グローバルベンダーの“メガクラウド”ばかりが目立つこの領域で、富士通は何を強みに、どんなポジションを目指すのか。(本多和幸)

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。

外部リンク

富士通=http://www.fujitsu.com/jp/

おすすめ記事