広大な敷地で農業や畜産業が営まれる北海道は、GPSを活用してトラクターの自動運行を実現するなど、ITを活用した効率化への期待が大きい。また、第一次産業を担う人材が不足していることも、IT活用の追い風となっている。ただし、第一次産業で定番となるソリューションがまだなく、IT投資の予算も限られるため、大手SIerがほとんど参入していない。そこに目を付けたCSソリューションは、第一次産業向けのソリューションの研究開発部門を社内に設置。人材育成の場としても活用している。(取材・文/畔上文昭)