釜井節生 社長
 2010年から6期連続の営業増益を達成。地道に取り組んできたことが顧客に評価され、堅実に成長することができた。金融、製造、マーケティング、ERP系という各事業セグメントは、いずれも勢いが出てきている。さらにどう進化していくのか、本当に楽しみだ。

 なかでも期待しているのが、製造のセグメントで取り組んでいる世界で唯一のMBD(モデルベース開発)向けの自社開発パッケージ「iQUAVIS」。顧客とともに開発を続けてきたが、バージョンが3.0になり、ようやくモノづくりの上流段階から活用していただけるレベルになった。すでにほとんどの自動車メーカーで採用されている。とはいえ、やっと「いいね」の段階。まだまだこれから。だからおもしろい。

 金融のセグメントで注目すべきは、やはりFinTech(フィンテック)だ。当社は、12年に日本初のピッチコンテスト「FIBC」を開催するなど、FinTech分野を牽引してきたという自負がある。昨年は、FinTechベンチャーとメガバンクをつなぐなど、協業や事業支援にも取り組んだ。今後は、FinTechを事業につなげていきたい。

 昨年、会社設立40周年を迎えた。今年は次の10年に向けたスタートの年と位置づけ、あらためて当社の存在意義を問い直し、未来を再定義する機会としたい。まずは、2月に発表する新しい中期経営計画。6期連続の営業増益の勢いをそのままに、力強く、勇気をもって挑んでいく。