ウェアラブル端末を使えば、日常的にバイタルデータを収集することができます。テクニコルでは、このバイタルデータを解析することで、人の熱中/ストレス状態を把握するアルゴリズムを開発し、「イキイキと働ける環境」づくりに挑もうとしています。