ドイツの2大AUTOSAR開発ベンダーの1社であるエレクトロビットは、日本車向けAUTOSARビジネスの立ち上がりに手応えを感じている。これまで、同社では国内部品メーカーが欧州向けに出荷するECU(電子制御ユニット)に同社のAUTOSARを搭載する商談が中心だった。発注元である欧州メーカーがエレクトロビット製AUTOSARの搭載を要望、または推奨していることが背景に挙げられる。だが、ここへきて日本車向けのECUにもAUTOSARが採用される動きが出てきているのだ。(取材・文/安藤章司)